ヒール交換はただ修理するだけではない

女性が仕事で履くことが多いパンプスでも一般的な物はかかと部分が細く華奢な作りになっています。足に全体重がかかる人間は、足裏にかかる負担も非常に大きなものとなりますが、女性はヒールが細く安定しないパンプスを履く機会が多いので靴の痛みも激しくなります。歩く距離が長い人ほど、ヒール部分の摩耗や傷、すり減りは多くなりますので、靴の消費がかなり多くなりますが、お気に入りの靴はなるべく長く持たせたいものです。そんな時利用してほしいのが靴修理です。

ヒールが細く華奢なタイプだとマンホールの穴部分に引っかかったり、側溝の蓋の隙間などに入ってヒール部分の革に傷がついたり、折れてしまうこともあります。こうした場合、買い替える方も多いのですが、ヒール巻という修理を行うことで買い替える必要が無くなります

ヒールにまかれている革を新品に交換することができ、これをヒール巻といいます。またお気に入りで毎日履いていると次第にヒール本体が無くなってしまいますが、このヒールを新しくすることで、両足の高さを同じに戻すことができます。

実はこのヒール交換を行う時、新しいヒールを様々な種類から選択できるので、今までのヒールとは太さの違うヒールに交換するということもできる場合があるのです。少し太めで安定感のあるヒールにするということもできるので、例えば新しい靴でもヒールをもう少し安定させたいという時利用すれば、自分好みの靴にできるのです。ヒールの交換はただ修理するということ以外に機能性や安定性をよくする、また見た目に違う靴のような印象に替えるということも可能なのです。